刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】

刑務所の医師求人探しのコツ

結論から言うと刑務所の医師の求人は少なく、転職時期にうまく遭遇できるとは限りません。転職サイトに登録して他の医師求人と併せてチェックするのがいいでしょう。

リクルートドクターズキャリアには全国の医師求人が1万件以上集まっていますので、刑務所の医師求人を見つけられるかもしれません。キャリアコンサルタントに相談するのも得策ですね。

刑務所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートが運営する医師専門の求人サイトで30年の歴史があり刑務所の医師募集も安心。
・刑務所の医師募集であれば医師専門のキャリアアドバイザーが常勤から非常勤まで支援!
医師募集の求人の大半が非公開で刑務所への転職も非公開求人も多く先ずはご相談下さい。



医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
東証一部上場企業のメディウェルが運営している転職サイトなので刑務所の医師募集も豊富!
・一番の特徴は医師の求人募集数がNo.1で刑務所の案件も北海道から沖縄まで全て網羅。
・刑務所への転職は年収上昇率が146.6%で満足度が94.7%の医師転職ドットコム!



エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
・エムスリーグループで刑務所の医師募集数も最大級で専門コンサルタントが専任でサポート!
・医師専門のベテランのコンサルタントが希望する刑務所への転職を完全サポート致します。
82%の医師が3ヶ月以内に転職に成功しているので刑務所の医師募集も必ず探せます。
・専任のコンサルタントが多忙な医師の方々に代わってに刑務所への転職活動をサポート



刑務所の医師募集事情は?

刑務所も成人が収容されている一般の刑務所の他に、少年刑務所があり拘置所と共に刑事施設と呼ばれています。刑務所は裁判で刑期が確定した受刑者が収容されていて、拘置所には刑事裁判でまだ刑期が確定していない未決拘禁者が収容されています。刑務所の数ですが7ヶ所ある少年刑務所を含めて全国に67ヶ所あり、犯罪歴や刑期の長さや男女の性別などによって収容される刑務所も違ってきます。これは処遇指標と呼ばれ一般には収容分類級とか分類とか言われていて、受刑者を適切に分類することで再犯の防止や矯正教育にも効果が見られるからです。

例えば犯罪傾向が進んでいない受刑者を収容するA級刑務所も初犯で刑期が8年未満の者を収容する刑務所としては、山形刑務所・黒羽刑務所・市原刑務所・静岡刑務所・三重刑務所・福井刑務所・滋賀刑務所・加古川刑務所・松山刑務所・山口刑務所・大分刑務所の11ヶ所と函館少年刑務所・川越少年刑務所・奈良少年刑務所・佐賀少年刑務所の4ヶ所と全国に15ヶ所あります。初犯で刑期が8年以上の受刑者を収容するA級刑務所としては、千葉刑務所と岡山刑務所と全国に2ヶ所あります。

刑期が8年未満の再犯者を収容するのがB級刑務所でこの他にも、精神上の疾病や障害者を収容する岡崎医療刑務所と北九州医療刑務所の2ヶ所があり、その他の一般の医療を必要とする刑務所としては八王子医療刑務所があります。この他にも女子刑務所としては栃木刑務所・笠松刑務所・和歌山刑務所・岩国刑務所・麓刑務所があり、日本の刑務所と拘置所に収容されている人数は法務省が2013年11月25日に、発表した矯正統計統計表によると6万3897人です。刑務所の医師募集事情ですが実は全国の刑務所で常勤医が不足していて、法務省では2009年から予算を計上して医師専門の転職エージェントに求人を依頼しています。

常勤医が確保できていない刑務所では受刑者が病気や怪我の場合は、刑務所に勤務する職員が市中の病院まで付き添って行かなければならずその負担は計り知れません。法務省の発表によると支所を入れて188ヶ所ある、全国の刑事施設で常勤医がいるのはおよそ半分です。そのため常勤医がいない多くの刑務所では、非常勤の医師や派遣会社に依頼して何とか凌いでいるのが現状です。常勤医がいない刑務所の職員の名刺の裏を見ると医師募集のシールが張ってあり、医師不足が切実なことが窺われます。

もし刑務所の医師求人に興味がある方はこのサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

刑務所の医師の求人は少ない?

刑務所で働くことを希望する医師は多いわけではありません。この数年は民間病院と同様に全国的に見ても必要人数を下回り、不足傾向が続いています。そのため刑務所で働く医師、矯正医官の求人は常にあります。矯正医官は刑務所だけでなく、拘置所、医療刑務所、医療少年院、少年院、少年鑑別所など働く場は多くあります。

求人募集は様々な方法で確認できます。矯正医官は法務省が管轄しているため、法務省が開設している矯正医官募集サイトから募集要項を確認できます。必要な情報をホームページ上からフォームに記入して提出するか、電話で全国の刑務所に問い合わせることもできます。矯正医官は法務技官と呼ばれる国家公務員として働きますがそのための特別な試験が用意されている訳ではありません。矯正医官募集サイトでも確認できますが、求められているのは医師免許を取得している人です。また矯正医官の求人は、それぞれの刑務所や拘置所、少年院でされていません。北海道地区、東北地区、関東甲信越地区など、それぞれの地区で求人募集がされています。

それで、どの矯正医官としてどの刑務所、拘置所で働き始めるかは採用が決まってから、相談することになります。ただし国家公務員であるため、勤務地となるのは全国にある刑務所や拘置所であることを覚えておきましょう。地方公務員ではないため、もしかすると自分が希望する地域とは異なる勤務地になる可能性もあります。東京、愛知、大阪、福岡の4か所に医療刑務所が設置されていて,通常の刑務所とは異なり、受刑者の中でも循環器や精神疾患を患っている人が多く収監されています。そのため循環器科や精神科の専門医であれば、こうした医療刑務所で働く機会もあります。

刑務所で働く医師について興味がある場合には、法務省のホームページから問い合わせることもできます。施設見学も可能なので、応募する前に実際にどんな職場環境で働くのかを確かめておくことも大切でしょう。

国家公務員なので、勤務地によって給与や条件が大きく異なることはありません。公務員ゆえに各種手当も充実しています。必要であれば、刑務所など勤務する施設の近くに宿舎を無料で借りることもできます。勤務時間も夕方まで8時間勤務が基本です。当直などがあっても、手当がつくので給与に更に上乗せされるでしょう。土日の週休二日制なので、家族がいる人であっても生活リズムが一定なので、しっかりと家族との時間も確保可能です。何よりも倒産の心配がないため、安定した職場といえます。


Copyright (C) 2015-2018 刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】 All Rights Reserved.