刑務所の医師の募集時期は?

刑務所医師募集TOP >> FAQ >> 刑務所の医師の離職率は?

刑務所の医師の離職率は?

刑務所で働く医師は慢性的な不足傾向にあります。しかし離職率はそれほど高くはありません。民間病院と比較すると収入が低い、医師としてのスキルアップが難しいなどの理由で敬遠されがちな矯正医官ですが、国家公務員という安定している職業ゆえに離職する医師も限られています。

民間病院とは異なり、刑務所で働く医師は基本的に日勤での勤務時間です。就業時間も決まっているため、残業になることも少ない傾向にあります。医師であれば、急患患者が運ばれてきて急遽手術が必要になるなどのストレスもありますが、矯正医官の業務は受刑者の健康維持です。医療刑務所のような大規模な施設であれば、手術を行うこともありますが、地方刑務所などであれば手術が必要になった場合には近隣の病院で行うことがほとんどです。そのため、毎日規則正しい生活を送ることができます。土日祝日は休みなので、働きすぎで過労が溜まることが多い医師ですが、民間病院での当直アルバイトなどの兼業をしなければ家族との時間をしっかりと作ることもそれほど難しくはないでしょう。医師として働きながらもプライベートを充実させたい人であれば魅力的な職場です。

また国家公務員であるため各種手当が民間病院よりも充実している傾向があります。給料に加えて住居手当、通勤手当、超過勤務手当など福利厚生は非常に手厚くなっています。そして民間病院とは異なり、病院がつぶれて職を失うという心配もありません。退職まで矯正医官として働き続ければ、かなり高額な退職金を受け取ることもできます。もちろん年金もしっかりと受給できるので、将来安定した生活を送るという面では医師の中でも保証されている職場といえます。

しかし刑務所という特異な環境で働くため、通常の医師とは異なるストレスや悩みを持ち離職してしまうケースもあります。医師にとっては患者との信頼関係を築くことは非常に大切です。矯正医官にとっての患者、つまり受刑者との信頼関係を気づくのは難しく、本当の痛みや病気を見分けることも難しいことがあります。また高度な医療機器を取り扱う病院とは異なり、先進医療に遅れずについていくのも簡単ではありません。毎日同じような症状の患者と向き合うため、若い医師であれば自分のスキルや知識を向上させる面で不安を感じ、矯正医官を辞め民間病院で働き始めることも珍しくありません。矯正医官という仕事がどのような職業かをよく理解したうえで働くならば、長く続けることができるでしょう。

刑務所の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】 All Rights Reserved.