刑務所の医師の募集時期は?

刑務所医師募集TOP >> FAQ >> 刑務所の医師の悩み・ストレスは?

刑務所の医師の悩み・ストレスは?

どんな職業でも悩みやストレスはつきものです。医師であれば、家族との時間が取れない、睡眠時間が十分に確保できない、何よりも人の命に関わる仕事ゆえに毎日緊張やストレスにさらされます。刑務所で働く医師は、こうした悩みやストレスに加えて刑務所という特殊な環境ゆえに悩みやストレスを抱えることもあります。

これまで刑務所で働く医師にとっての最大の悩みは収入面です。民間病院で働いている医師に比べると、収入が低くいためです。刑務所で働く医師は矯正医官と呼ばれ、医師であるものの法務技官という国家公務員という立場で業務にあたります。それゆえに国が定めている給与基準に従い年収が算定されます。また勤務時間以外に別の民間病院でアルバイトする兼業が禁止されていました。各種手当は充実しているものの、やはり民間病院で働いている同年代の医師と比較すると年収は低く推移しています。これが原因となり、刑務所で働く医師が年々減少し定員の2割を超える欠員が出てきたため、2015年には刑務所で働く医師の兼業やフレックス勤務制の採用などの特別法案が成立しています。この法案により収入面での悩みやストレスは今後徐々に改善していくことが期待されています。

別の悩みは医師としてのスキルアップやキャリアアップが限定されていることです。医師であれば様々な症例を扱うことで、自分が持つスキルや知識を少しずつ確実に伸ばしていくことを期待します。そのため先進医療を扱っている民間病院は医師にとっては人気のある職場です。またそうした人気のある病院には高いスキルを持つ教授や有名な医師が務めているため多くの事を学べるチャンスがあります。しかし刑務所や拘置所で働く医師は、基本的に一般の患者さんや医療関係者に接することがありません。そのため扱う症例は非常に限定的です。最近では受刑者の高齢化も進み、高齢者に対する医療が非常に必要とされています。自分が希望する分野での知識やスキルを向上させることができないのは大きなストレスになります。また働いているのは病院ではなく刑務所であるため、最新の医療設備がないことも悩みの種となります。

受刑者たちの中には、刑務所内の作業をしたくないために仮病を使ったり、症状を大げさにする人もいます。また本当に重度の病気を患う受刑者もいます。そのため受刑者の本当の症状を見極めることも簡単ではありません。凶悪な犯罪者であっても患者として診察する必要があるため精神的なストレスも加わります。

刑務所の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】 All Rights Reserved.