刑務所の医師の募集時期は?

刑務所医師募集TOP >> FAQ >> 刑務所の医師の副業・兼業は?

刑務所の医師の副業・兼業は?

2015年までは矯正医官と呼ばれる、刑務所で働く医師は国家公務員であるため兼業が禁止されていました。しかし兼業禁止により、刑務所で働く医師は常時不足していました。なぜなら民間病院で働く医師たちは夜や土日など自分の開いている時間帯に他の病院でアルバイトをすることによって、収入を増やすことができるためです。土日や年末年始などに当直をすることで、かなりの収入をもらえる病院も少なくありません。刑務所で働く医師は民間病院で働く医師と比較すると年収が低い傾向にあります。また刑務所で働くことが次のキャリアアップにつながらないことなどがネックになっていました。

2015年以降は国家公務員である医師でありながら、刑務所で働く医師、矯正医官に限っては民間病院でも兼業が可能になる矯正医官兼業・勤務時間特例法案が成立しました。この法案によって、給与は減額されるものの刑務所などで働く自分の正規勤務時間内であっても、民間病院で兼業が可能になります。また国家公務員でありながら勤務時間を外部研究施設や大学などで医療研究にあてることも許されています。刑務所の状況によっては、週2日だけ矯正医官として刑務所で働き、残りは民間病院で兼業することも許されています。これによって刑務所で働く医師の不足解消を目指しています。

兼業が可能になったため、刑務所で働く医師にとっては非常に良い条件での勤務が可能になりました。基本的には1日8時間の週休2日が保証されている職場なので、土日など週末を使って民間病院の当直アルバイトをすることで収入を大きく増やすことが可能です。また条件のあう民間病院であれば、週中の特定の曜日や時間帯だけ働くことも可能です。日本は刑務所で働く医師に限らず、全国的に見ても医師不足なため、週末の当直アルバイトなどの求人を探して兼業することはそれほど難しくないでしょう。

日本にあるほとんどの刑務所では医師不足に悩んでいます。そのため、常勤医師の確保は非常に難しいのが現状です。現在民間病院で働いている医師が、刑務所で非常勤として働くことも可能です。各刑務所の矯正医官募集などから詳しい情報を確認できます。通常民間病院では、医師が不足してしまいがちな当直や週末、お盆、年末年始などの期間の勤務は通常勤務よりも高収入で募集されています。しかし刑務所で働く場合、国家公務員であるため、医師が不足していても一般的な医師のアルバイト収入より安い相場で働くことになります。

刑務所の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】 All Rights Reserved.