刑務所の医師の転職FAQ

精神保健指定医TOP >> FAQ >> 刑務所の医師の給料・年収は?

刑務所の医師の給料・年収は?

気になる医師の給料や年収ですが開業医と勤務医でも違い、勤務医でも市中の病院と刑務所に勤務する医師でも異なります。医師としての経験年数や勤務する地域や役職などによっても医師の給料や年収は違いますが、人事院が発表した調査結果では平均年齢38歳の勤務医の平均月収は約86万円で、厚生労働省の試算でも勤務医の平均年収は1228万円でした。38歳のビジネスパースンの平均月収が約40万円で平均年収も約400万円と比較すると、医師の給料や年収はかなり高いことが分かります。

民間の日経メディカルオンラインが発表した840人の勤務医を対象にした、「医師の年収・転職調査2013」では平均年齢38歳の勤務医の平均年収は1477万円でした。勤務先からの平均年収は1293万円でアルバイトから、得られる収入が年収の12%を占めています。これまでの調査でも勤務医の平均年収は2009年以降は増加傾向にあり、調査結果を見ると勤務先の給与が占める割合の伸びが大きくなっていることが分かります。勤務医の平均年収が増加傾向にある背景には、日本の深刻な医師不足が挙げられます。

医師といえば高給取りな職業の代名詞のように言われていますが、日本医療労働組合連合会が病院の勤務医を対象に行った調査結果では、約3割の医師が月に80時間を超える時間外労働を行っていて、7割以上の医師が宿直明けの32時間連続の勤務を月に3回も行っていることが分かりました。特に医師不足が叫ばれている小児科や産婦人科などの、診療科の場合は深刻でこれらの標榜を止める病院も続出しています。厚生労働省が発表している医師数と日本医師会が12月に発表する医師の会員数には大きな隔たりがあり、実は1982年7月に国は2007年頃に医師が過剰になると医師数の抑制を閣議決定した経過があります。

政府は再び2022年頃には医師が過剰になると推定し、積極的に医師を増やそうとは考えていません。そのため病院に勤務する医師の労働環境は過酷なままで控訴されるリスクも高い、外科や産婦人科などの診療科の医師不足はまだまだ続きそうです。その点では国家公務員の刑務所の医師は病院の医師の場合は、宿直明けの日勤などもなく給料や年収も安定しています。人事院が発表した国家公務員の医師の、平均の月額は約70万円で推定年収は約1165万円でした。刑務所の医師の給料や年収も医療職俸給で決められるので、市中の病院の勤務医と比べても大差はありません

もし刑務所の医師求人に興味がある方はこのサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

刑務所の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2017 刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】 All Rights Reserved.