刑務所の医師の採用基準は?

精神保健指定医TOP >> FAQ >> 刑務所の医師の採用基準は?

刑務所の医師の採用基準は?

医師の採用基準は基本的には医師免許を取得している、ことになりますが診療科や職場によっても違います。特に病院などに転職する際には即戦力の医師を求めている場合が多く、これまでの医師としての経験やスキルが採用基準になることがあります。しかし医師不足が深刻な小児科や産婦人科などの、採用基準は他の診療科と比べるとかかなり緩やかです。医師の活躍の場は病院だけでなく在宅医療や、保健所や刑務所などの公務員として働くことも選択肢の一つです。

在宅医療の医師として働く場合の採用基準としては専門の診療科の枠を取り払き、総合的に患者さんを診察したり治療することができるかです。高齢化が急速に進む日本では高齢者の在宅医療が急務で、高血圧であったり腰痛があったりするお年寄りが多いからです。そのため内科の医師を採用するとか外科の医師を採用するとかではなく、いくつかの持病を抱えている高齢者に対応できることが採用基準になります。また在宅医療の医師の場合は経験やスキルだけでなく、医師の年齢や人柄なども採用基準の一つになります。

お年寄りが多いのであまり若い医師よりも、患者さんの話にも耳を傾けて聞いてくれる医師の方が好まれるからです。それに対して保健所や刑務所などの医師の採用基準は、民間の病院などの採用基準とは異なります。保健所や刑務所などの医師の採用基準の特徴は、勤務場所にもよりますが基本的に診療科など専門分野を問わないことです。保健所の場合は地域の医療や健康管理に関心があることが採用基準になり、疾病の予防や公衆衛生面の経験やスキルが求めれます。

刑務所の医師の採用基準も保健所と同様に、診療科など専門分野はあまり問われません。ただ刑務所によっては内科や外科や、精神科の医師など採用基準を決めているところもあります。刑務所で働く医師の仕事は受刑者が体調の不調を訴えてきた時に診療を行うことですが、受刑者の約60%が薬を処方され約17%が精神科の患者です。歯科などは受刑者の受診待ちが約8ヶ月で眼科も約3ヶ月で、歯科医や眼科医が採用基準の刑務所のところもあります。

もし刑務所の医師の採用基準についてもっと詳細を知りたい方はこのサイトに掲載されている、リクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が刑務所の採用基準だけでなく、刑務所で働く医師の仕事内容などについても詳しく教えてくれます。

刑務所の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2017 刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】 All Rights Reserved.