刑務所の医師の志望動機は?

精神保健指定医TOP >> FAQ >> 刑務所の医師の志望動機は?

刑務所の医師の志望動機は?

医師の志望動機にも医師になった志望動機と、転職する際に履歴書に記載する志望動機とでは異なります。初期臨床研修医であれば親が医師であったからとか、幼い頃に病気に掛かり医師に助けられたことがあるなど、なぜ医師になることを目指したかを書けばよいのです。しかし医師が他の病院などに転職する場合には、なぜその病院を選んだのか明確な志望動機が必要になります。この志望動機は履歴書などの応募書類だけでなく面接の際にも、人事担当者から必ずなぜここを選んだのか訊かれます。

医師が転職する志望動機も年収アップや自分の専門分野の、経験や知識をアップしたいなどそれぞれです。転職する志望動機はさまざまでももし本当に応募したところに採用されたいと考えているのであれば、人事担当者を納得させるだけの志望動機がなければいけません。もしきちんとした志望動機がなければ人事担当者もその医師がどんな考えを持っていて、採用した場合に他の医師やスタッフと上手くやっていけるか分からないからです。では刑務所の医師の志望動機とは、どんなことが評価されるのか一緒に考えてみましょう。

全国に刑務所や拘置所などの刑事施設が188ヶ所あり常勤医師の定員は226名ですが、常勤医師が確保できていない刑務所もありどこの刑務所でも医師の確保に必死です。それだけ刑務所へ転職を希望する医師が少ないからで、刑務所の人事担当者が1番知りたいのはやはり転職の志望動機です。例えばこれまで民間の病院に働いていたが当直があり体力的に限界を感じ、当直がなく定時に帰宅できる刑務所の医師に魅力を感じたでも良いでしょう。また研究や研修の時間が十分にあるので、応募したでも良いでしょう。

刑務所の医師は大学病院など最新の医療設備や医療技術の元では働けませんし、年収も民間の病院と比べると多少はダウンします。それでも刑務所の医師の身分は、国家公務員で安定しています。さらに残業や当直もないので体力的にも楽で、勤務中の外部の医療機関での研修も認められています。民間の病院と刑務所のどちらを選ぶかは自分が決まることですが、転職する際には志望動機を明確にすることがポイントです。少し特殊な職場ですが刑務所で、働くメリットもたくさんあります。

もし刑務所の医師求人に興味がある方はこのサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

刑務所の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2017 刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】 All Rights Reserved.