刑務所の医師の募集時期は?

精神保健指定医TOP >> FAQ >> 刑務所の医師の休みは?

刑務所の医師の休みは?

不定期な休日、長時間勤務、年末年始も休めない。医師であればこうした条件で働くのは仕方がないかもしれません。刑務所で働く医師であれば、こうした条件を全てクリアした環境で働くことができます。医師であるものの、国家公務員という立場で医療に従事するため、休日や勤務時間に関しては基本的に公務員と同じ待遇を受けられます。

刑務所で働く医師は1週間のうち土日の週休2日制で勤務し、もちろん祝日も休みになります。通常、刑務所での勤務時間は朝8時30分から始まり、終業は夕方5時です。2015年に刑務所で働く矯正医官の勤務時間や兼業に関する特別法案が施行されたことで、自分が希望するフレックスタイムで勤務することも可能になりました。4週間で155時間勤務する条件で働きます。月に1〜2回程度の当直もありますが、それ以外は日勤だけの業務なので民間病院で働く医師に比べるならば体力的にも精神的にも負担が軽い状態で勤務できます。プライベートの時間をしっかりと取り分けながらも国家公務員として勤務できるメリットがあります。

特別法案が施行されることで、矯正医官にとって以前は不可能だった民間病院でのアルバイト業務が可能になりました。矯正医官は平均年収が民間病院で働く医師に比べると低い傾向にあります。それで土日や祝日、お盆や年末年始など通常よりも収入が高くなる日の当直をすることで、収入を増やせるようになりました。全ての週末で当直アルバイトをすると体力的にも厳しくなりますが、フレックスタイム制を上手に活用することで当直アルバイトも大きな負担をかけることなくできるようになっています。しかし矯正医官の場合、国家公務員としての各種手当も充実しているため、給与だけでは収入が僅かであっても、手当てと合わせると民間病院で働く医師とそれほど大きな差が生じることもありません。

月収や年収という観点から見ると、民間病院に比べると余り魅力を感じない職場かもしれません。また医師としての知識や技術を更に向上させることを目指す若年層の医師であれば物足りない感じがするでしょう。しかし安定した生活、一定した生活リズムで働くという条件では非常に魅力的な職場環境です。収入を増やしたい時には、週末の土日を当直に充てることもできます。これまで培ってきた医療に関する専門性を維持しながらのセカンドキャリアを考えている人や、フレックスタイムを上手に活用し仕事と育児、家庭を両立させたいと考えている人にとっては働きやすいでしょう。

刑務所の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2017 刑務所医師募集ガイド【※稀少な求人の見つけ方】 All Rights Reserved.